エンジンの故障はこれで解決!

エンジンの故障は大きく分けて2つの原因があるようです。1つはメンテナンスが悪いこと、もう1つは無理な運転です。メンテナンスについては一般的にオイルとラジエターの管理となります。オイル交換は車の説明書に適正な交換時期や距離が欠かれていますが、走行距離にもよりますが多くの方が年1回、もしくは、季節ごとに交換する方が多いようです。また、車種によってはオイル交換のタイミングを教えてくれる車もあります。オイルは適正な粘度が大事になりますが、車種ごとに違います。最近の車は性能が上がってきたことで、粘度がどんどん下がる傾向にあり、また、交換距離も長くなる傾向があります。ただし、乗らないからといって交換をしないのもあまりよくありません。オイルは日々劣化します。のらなくてもどんどん粘度は下がり、本来の性能が発揮されないので注意が必要です。2つめの無理な運転についてはオートマチック車の場合は多くありませんが、マニュアル車の場合は高回転域での利用が多い場合はオイルの劣化が早くなります。また、オイルが劣化している車で高速道路など回転が高くなる傾向がある場所での走行は焼け付きなどで故障の原因となりますのでオイル交換はとても大事ですひまわり