環境から考える自動車の役割

今の世の中、自動車が多く走り、人々の生活の必需品になっております。

自動車は多くの距離を短時間に走り、飛行機やジェット機、電車などの他の

交通手段に比べると使用しやすく、所有の費用も、メンテナンスなども容易く

できます。
しかし、土地や個人の生活環境、地域などにより所有率というのが大きく

異なってきます。

日本の首都だからこそ、東京が自家用乗用車の世帯普及台数が第1位だと考える

方も多いのですが、日本で一番普及台数が高いのは愛知県です。

続いて東京都、埼玉県となっております。

経済的なことも絡んできますが、周辺の土地、地理なども大きく関わってき

ます。

また人口千人当たりの保有台数(平成20年のデータ)においてのデータでは、

群馬県がトップで次に長野、山梨と続きます。

高齢化が進んでいる地域の中で、車は高齢者のとっての足となっており、高齢者

の多い地域では、所有率も高くなってきます。

また、建物と建物の間隔が広い地域や、一番近くのスーパーでも1㎞以上の距離

のある場合など、そのような事情がある場合などはなくてはならない必需品の

ようなものになります。

各地域や生活形態、経済状態によってニーズは異なるものなので、使い方や頻度

も異なっています。

しかし、今後も普及は続いていき、有効な移動手段として使用されていきます。